• loosejoints x AIR GARMENTS TOMOO GOKITA - ’Free Drawing Logo’ Air N-65
  • loosejoints x AIR GARMENTS TOMOO GOKITA - ’Free Drawing Logo’ Air N-65

loosejoints x AIR GARMENTS TOMOO GOKITA - ’Free Drawing Logo’ Air N-65

通常価格 $597.00
Color:
Size:

AIR GARMENTS BY RYOHEI KAWANISHI

現代の社会問題、ファッション業界の中でも頻繁に使用されるようになったSDGs、サステイナブルとい う言語の川西ならではの解釈をAIR GARMENTSという作品を通して表現されています。AIR GARMENTSは、帰国後から活動の拠点としている鳥取で出会った西川商会という山陰エリア最大の自動車リサイクル 事業を行う企業と協業で、有効活用の難しかった「使用済みエアバッグ」をreadymadeのコンセプトで解釈、構成され、現代のファッションにおけるモノづくりの意味を問うプロジェクト

RYOHEI KAWANISHI

川西遼平

株式会社LES SIX代表。元LANDLORD Creative Director(2015-2020)Parsons School of Design元教授。 1987年鳥取県生まれ。2006年、渡英。2011年にロンドン、セントラル・セントマーチンズにて学士号で 取得。2013年より拠点をニューヨークに移す。《ユニクロ》の「Tomodachi-Uniqlo」フェローシップに よってパーソンズMFA Fashion Design & Societyに入学し、2015年修士号を取得。又同校にて教鞭をと る。同年《ランドロード》を設立し、クリエイティブ・ディレクターに就任。2017年よりニューヨーク コレクションに公式スケジュールで参加、年2回の発表を行う。同年日本での制作活動の基盤として、 《LES SIX》を設立。2017MoMAIs Fashion Modern?」展に作品提供。 MOMA(ニューヨーク近代美術館)でファッションの展覧会としては、1944年の“Are Clothes Modern?” 以来、74年ぶりの開催となった。日本人としては、コムデギャルソンの川久保玲、ヨウジ ヤマモト、イッセイミヤケ、滝沢直己、Noritaka Tatehana、ソマルタの廣川玉枝ら6人のデザイナーと共に、最年少 での作品提供となった。また、同年ニューヨーク市内のMuseum of Art and Designで行われた “fashion after Fashion”展、2015年にExhibition of the yearを獲得した、ストックホルムの “Utopian Bodies”展、 ファッションのみならず芸術分野への活動も多岐に行なっている。 2020LANDLORDのクリエイティブディレクターを退任。活動拠点を日本に移す。

TOMOO GOKITA
五木田智央

Born in Tokyo in 1969. Tomoo Gokita started with illustration, he was influenced by the American subculture and underground of the 1960s and 1970s, and published works inspired by magazines and photographs of the time.
He gained attention and enthusiastic support for his drawings in the late 90's.After that, he mainly produced monochrome figures drawn with acrylic gouache on canvas. He has also published his work in New York, Los Angeles, Berlin, etc. and has received high praise. In addition, there are many of his publications, including "Shuffle Railroad Song" (2010), “777" (2015), "Holy Cow" (2017), and “PEEKABOO”(2018).

1969年東京生まれ。
イラストレーションから出発し、60~70年代のアメリカのサブカルチャーやアンダーグラウンドに影響を受け、当時の雑誌や写真にインスピレーションを得た作品を発表。
90年代後半 にドローイング作品により熱狂的な支持を得る。その後、キャンバスにアクリルグワッシュで描くモノクロームの人物画を中心に制作。ニューヨーク、ロサンゼルス、ベルリンなどでも作品を発表 し、高い評価を受けている。


また、出版物も多く 、作品集に『シャッフル鉄道唱歌』(2010年)、 『777』(2015年)、『Holy Cow』(2017年)、『PEEKABOO』(2018年) などがある。

https://tomoogokita.com

loosejointsのすべての商品の中から2点購入することで、
3つ目の商品をプレゼント!
※3枚目をカートに入れると無料となります。